テーマ:読書

9月11日子供のお弁当

昨日は肩と首の凝りがひどくて、ちょっとパソコンもお休みしてました。 ひどくなると頭まで痛くなってきます。 バファリンと湿布のお世話になり、今日はずいぶん楽になりました~。 昨日のお弁当です。 子供のお弁当 昨日のお弁当        重ねトンカツ  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久しぶりの読書

購入したのに読んでいなかった本たちです。 今日は午前中に昨日の貯金箱を息子と仕上げて、 午後からは久しぶりに読書をしました。 東野圭吾の「赤い指」は「容疑者Xの献身」で直木賞を受賞してから 初の書き下ろしの長編です。 「14階段」は新潟の少女監禁事件のルポルタージュ小説。 雫井脩介の「クローズド・ノート」は携帯サ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「きみの友だち」

重松清の小説です。 お正月用にと購入していたものですが、あまり読む時間がなく、 まだ3分の1ほどしか読み進んでいませんが、短編の連作になっていたので、 今、3篇目の話を読んでいるところです。 重松さん自身が「娘に読んでほしい本」と言われていたのですが、 最初の話が、小学5年生の女の子のとてもいい話だったので、 私も娘に「最初…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラマ化

先日の忘年会の日に、飲みに行く前に超特急で読破した本、 「容疑者Xの献身」の作者、東野圭吾の作品が新年からドラマ化されます。                        「白夜行」 私が東野圭吾を好きになるきっかけになった本です。 主役は山田孝之と綾瀬はるか。 山田孝之はNHKの朝の連ドラ、「ちゅらさん」の主役の国仲涼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好きな本

昨日の記事に、忘年会に行く前に絶対読んでしまいたかった本のことを ちょっと書いていたら、白ウサギさんから 「何の本だったの?」という質問が あったので、今日は私のお薦めの本のことを書こうと思います。 マンガや絵本は小さい頃から読んでいたものの、本格的に小説を読み始めたのは、 小学校高学年のとき、さとうさとるのコロボックルのシ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

読書遍歴

子供の頃から本を読むのは大好きでした。 もちろん親から与えられた絵本も読みましたが、 小1で、当時近所にあった貸し本屋さんで、 「りぼん」を借りて読み始めたのがマンガに はまったきっかけです。当時一条ゆかりや 陸奥A子、田渕由美子なんかが好きでした。 今おもえば、かなり大人びた子供だったかも しれません。その後りぼんから…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more